2007年10月06日

経理 資格

税理士とは、税理士法に定められる国家資格で、税務の専門家です。


税理士になるためには、まず税理士試験に合格して税理士の資格を取得する必要があります。その後税理士名簿に登録、税理士事務所所在地の税理士会に入会して、税理士としての仕事ができるようになります。


税理士は、税金関係のプロフェッショナルとして、納税者からの求めに応じて様々な仕事があります。


税理士は、税務署などに対して、納税者が税額計算や税申告、不服申し立てなどをする際の税務書類を作成することができます。またその際に、納税者の代理をしてあげることができます。


また税務署が納税者に対して税務調査をする際に、税理士はその場に立ち会って納税者に代わって答弁・陳述したりすることができます。


税理士は、納税者からの税金に関する疑問や相談に応じることも重要な仕事です。また税金に限らず、広く企業経営の相談をされることもあります。


また税理士は、税理士業務に付随して、決算書などの財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行その他の会計業務もできます。



開発費8000万『詐取』被害 独法JST 支払い命令判決は確定 委託先、返還せず
東京新聞
JSTでは「戦略的基礎研究推進事業」などをめぐり昨年、早稲田大の教授(当時)らによる架空請求などの不適正な経理処理があったことが発覚。関係企業に返還を求めるとともに、この教授のJST事業への申請や共同研究参加の資格を喪失させている。 ...(続きを読む)



経理に役立つ資格を教えてください。
経理の仕事をやりたいと思っています。そのために必要な資格を教えてください。(続きを読む)



タグ:経理 資格
posted by 資格について at 16:45 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。